【アプリ】ダウンロード後のユーザーをどうサービスのファンにするのか?

〜KARTE for Appを活用したアプリユーザーのLTV向上事例をご紹介〜

事業として成長させるためには、新規ユーザーを獲得するだけでなく、既存のユーザーに継続的に利用してもらう必要があります。 そのために目指すべき指標が「LTV最大化」です。今回のセミナーではLTVの概要や重要性、改善事例をご紹介します。

開催概要

セミナータイトル

ダウンロード後のユーザーをどうサービスのファンにするのか?

〜KARTE for Appを活用したアプリユーザーのLTV向上事例をご紹介〜

開催日

2020年2月26日(水)17時00分(16時30分受付開始、18時00分終了予定)

会場

東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 10階 株式会社プレイド 地図

最寄駅

銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」(A1出口)徒歩3分

日比谷線、都営地下鉄 浅草線「東銀座駅」(A1出口)徒歩1分

対象

・自社アプリ事業の運用をされている方

・KARTE for Appの導入を検討されている方

・自社の顧客・ファンのCX向上にご興味のある方

参加費

無料

お持ち物

お名刺2枚(セキュリティの都合)

プログラム

1: CXとは?KARTEの基本的な機能のご紹介

デジタルマーケティング界隈で2020年最も注目されるワードの一つ「CX(顧客体験)」。

消費者行動が複雑化・多様化する中、いかにCX向上に取り組むかが企業存亡にかかっていると言っても過言ではありません。ユーザの「今」を知り、一人ひとりに合った接客(おもてなし)体験を実現するCXプラットフォームKARTEではどのように1 to 1コミュニケーションを実現するのか。顧客中心の体験を創る機能についてご紹介します。

2: KARTEを活用したファンの声の傾聴事例紹介

サブスクリプション型のサービスを提供する場合、新規獲得よりもいかに長く継続して利用してもらうか、すなわちLTV(Life Time Value)の最大化が重要です。

KARTE for Appユーザのベストプラクティス事例を中心に、LTV向上に関する導入時の課題やその課題に対してKARTE for Appでいかに解決をしたのか、効果測定や実際にご利用中の施策等を交えてお伝えいたします。

3: KARTEの実際の管理画面のDEMO(リテンションレポートなど中心に)

KARTEの管理画面を一緒にご覧いただき、詳細の機能をご紹介いたします。

プッシュ通知やA/Bテスト、アンケートの他、効果測定に欠かせないユーザーダッシュボード・リテンションレポート機能までアプリ事業の最適化を高速で叶えるKARTE for App独自の成功パターンをお話しします。

講師

講師:Customer Experience Designer 宮野智世

新卒で東京エレクトロンデバイス株式会社へ入社。サーバーやストレージのパートナー営業に従事したのち、2018年よりプレイドに参画。プレイドではセールス中心メンバーとして「KARTE」および「KARTE for App」の新規提案からカスタマーサクセスまでを担う。またKARTE Friendsと呼ばれるKARTEユーザコミュニティー運営を担当し、一貫して顧客に寄り添ったCXの拡大を推進している。

ご注意

※定員を超過した場合は抽選とさせていただきます

※セミナー開始後の途中入場は出来ませんので、ご注意ください

※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません

※当日セミナーの様子を撮影させていただく場合がございます

※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります

※セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます

お申し込み

セミナーへのお申し込みは以下の必要事項を入力し、お申し込みボタンをクリックしてください。
*印は必須項目です。