【事例で学ぶ】社内外に分断しているデータを利活用する為のベストプラクティスとは

KARTE Datahubによるデータ利活用促進セミナー

「社内外に沢山のデータが眠っているが活用できていない」「オンラインとオフラインのデータが分断して活用できていない」 そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

KARTE Datahubを活用すれば、社内外に存在する多種大量なデータをKARTEに統合し、データの利活用の促進が可能です。

社内の基幹システムや、様々な外部サービス/プロダクトに存在する顧客データとその他データをKARTEに統合することで、 今まで個別でしか使用されていなかったデータ同士が結びつき、顧客の解像度を上げることができます。

本セミナーではKARTE並びにKARTE Datahubのご紹介に加え より深く顧客を知り、あらゆるチャネル・タッチポイントでワンストップにCX(顧客体験)を向上していった企業事例をご紹介させていただく予定です。

開催概要

セミナータイトル

【事例で学ぶ】社内外に分断しているデータを利活用する為のベストプラクティスとは

開催日

2019年11月28日(木)11時00分(10時30分受付開始、12時00分終了予定)

会場

東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 10階 株式会社プレイド 地図

最寄駅

銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」(A1出口)徒歩3分

日比谷線、都営地下鉄 浅草線「東銀座駅」(A1出口)徒歩1分

対象

データ活用したマーケティングにお困りの方

参加費

無料

お持ち物

お名刺2枚(セキュリティの都合)

ご注意

※定員を超過した場合は抽選とさせていただきます

※セミナー開始後の途中入場は出来ませんので、ご注意ください

※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません

※当日セミナーの様子を撮影させていただく場合がございます

※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります

お申し込み

セミナーへのお申し込みは以下の必要事項を入力し、お申し込みボタンをクリックしてください。
*印は必須項目です。